smilingbaby

ママからSmilingBabyへのメッセージソング「Dear my baby」

Smiling Baby 22番目のお母さんであるアーティストTAMAMI (小池 珠美)さんが、生まれてきた子供、貫太朗ちゃんに対する思いを曲にした「Dear my baby」をSmiling Baby メッセージ ソング として配信する事となりました。

息子の成長を見守りつつ、貫太朗ちゃんが2歳の時、旦那さんである作曲家のnaoさんとのコラボレーションで作られた曲です。

残念ながら、 TAMAMIさんは、突然の発作から呼吸困難に陥り、2011年12月30日に25歳の若さで家族にそして,貫太朗ちゃん見守られながら安らかに天国へ旅立たれました。

ぜひ、みなさん自身のベイビーへの思いを重ねてお聴きください。

naoさん、TAMAMIさん、貫太朗くん

naoさん、TAMAMIさん、貫太朗くん

貫太朗くん

貫太朗くん



「Dear my baby」 誕生秘話
Dear my baby
この歌は、我が息子貫太朗へ向けてイメージして制作しました。
普遍的な愛、そして、一番大切な人の痛みを理解できる優しい子へ成長していってほしいという想いを、切ない旋律のバラードに乗せて創りました。


Artist : TAMAMI (小池珠美)
TAMAMI
10歳で歌手になることを決意し、音楽活動を開始。
その澄み切った優しく温もりのある声は、Pinknoise、F分の1の揺らぎを持つ、ヒーリングヴォイスと呼ばれる。
5オクターブの声と歌唱力から生まれる説得力とそのビジュアル、ソングライティング力が認められ、10代からライブハウスなどでアーティスト活動をスタートさせる。2003年インディーズデビュー。
作詞家として、2011年神話ボーカル「シン・ヘソン」元EXILE SHUNこと清木場俊介のコラボレート楽曲「永遠に・・・」作詞。またマガジンハウス「Lips」ラジオCM楽曲制作&ナレーションなど、 活動は多岐にわたる。
2011年12月30日、まだこれからという時に呼吸不全で夭折。
http://ameblo.jp/tamamiofficial/

作曲家:nao
5才からピアノを始め、2003年 I WiSH(川嶋あいとの2人組ユニット)としてアーティストデビュー。
デビュー曲「明日への扉」は、CX系恋愛観察番組「あいのり」の主題歌に大抜擢され、結婚式の定番ソングになるなど、多くの反響を得て、100万枚以上のミリオンセラーとなり、ゴールドディスク新人賞、楽曲賞ダブル受賞。作曲、編曲、プロデューサーとしても、セリーヌ・ディオンのトリビュートアルバム、ディズニー映画「ボルト」のエンディングテーマなど、多くのメジャー作品を手掛ける。
アーティストとして、フジテレビ「FNS歌謡祭」「MusicFair」などの音楽番組に出演など活躍中。

Translate »