smilingbaby

赤ちゃんは可能性いっぱい 4     

カイロプラクター花田が語る赤ちゃんの生命力の不思議

 

 

前回の「からだは何で出来ているの?」に続きまして

今回のテーマは、『母乳』です。

 

赤ちゃんの脳と元気なからだをつくるために、大切なもの=「母乳」

 

「母乳」をこよなく愛するカイロプラクター花田でございます。

(そんな、趣味はないですよ(笑))

 

さてさて、このブログをご覧になっている方は、おそらく現在子育て奮闘中?もしくは、妊婦さん? そして、そのご家族の方・・・などなど

 

もし、あなたが妊娠しているなら、そして、かわいいかわいい赤ちゃんにおっぱいをあげているお母さんなら、ずばり!

 

まずは、お魚をたくさん食べて下さい!

 

なぜ、お魚なの?って?

 

そうそう、前回、人間はもともと海から産まれてきた生き物ってお話をしましたが、やはりこれがつながっているんですね。

 

お魚には、オメガ3という栄養素がたくさん含まれているんです。

 

「オメガ3?」

 

EPA・DHAならが聞いたことがあるかもしれません!

 

このオメガ3と言われるEPA・DHAは脂肪酸と呼ばれていて、からだのなかで色々な働きをしているんですね。

 

その中で、大事な大事な働きは?といいますと、

 

なんと、赤ちゃんの脳を作っているんです!

 

そう、つまり、お母さんの母乳にこのオメガ3がたくさん含まれていると、赤ちゃんが天才になります!(パチパチパチ拍手!)

 

あるデータによりますと、IQが上がるとの報告も!

 

これは、今妊娠中の方も、授乳中の方も、育児をなさっているお母さんも、もしお子さんに賢く育ってほしいなら、産まれる前から、そして産まれてからもオメガ3を十分摂る必要があるんですね!

 

特に産まれてから、6ヶ月〜8ヶ月の間にオメガ3を摂ることが特に重要だという報告もあるんです。

 

そう、今日からでも遅くはありません!

 

あじ、さば、さんま、いわし、まぐろなど・・・特に青いお魚に豊富に含まれていますね!

 

今夜の夜ごはんには、あじの開きなんかいかかですか?

 

お母さんが、お魚を食べると、赤ちゃんを天才にする栄養素のオメガ3がたくさん含まれた「母乳」のできあがり!

 

「母乳」には、牛乳の30倍のDHAが含まれています!粉ミルクは、牛のお乳ですから、「母乳」にはとてもとても、かないません。

 

そして、その「母乳」を6週間飲ませると、赤ちゃんのDHAが96%もアップするという報告もあります!

 

すると、どうなるか?

 

お魚をたくさん食べていた妊婦さんは、早産や、低体重出生児が比較的少なく、お母さんのお腹の中で、脳もからだもすくすくと育った元気な赤ちゃんを産みやすいんですね!

 

すばらしい〜海の恵み、お魚さまさま。

 

どのくらい摂れば良いの?ってことなんですけど、

 

世界の魚の油の博士や専門家によりますと、

 

DHAを1日あたり、200ミリ〜300ミリ!摂るべきだと!もうしております。はい。

(いわし100グラムには、オメガ3脂肪酸が約3.3グラム、DHAは、約1.1g)

となると、お魚で摂るのは、とても大変・・・サザエさんのタマ(猫) 状態・・・

 

そんなわけで、お魚も食べつつ、サプリメントを利用するのがオススメです!

 

天が用意してくれた最善の赤ちゃん用のミルクである「母乳」を今日もたくさん飲ませて、こころもからだもすくすくと元気な赤ちゃんに育ててあげてくださ〜い!

 

今日は、ここまで!

最後までお読み頂きありがとうございました!

 

それではまた!

一期一会

 

カイロプラクティック フィレオ

花田岳秀

 

chiropracTIC fileo

横浜市港北区日吉本町1-19-8 川島ビル1F

TEL:045-564-3337

 

 

赤ちゃんは可能性いっぱい   -カイロプラクター花田が語る赤ちゃんの生命力の不思議

バックナンバー

http://smilingbaby.jp/cms/sbmmh12/.html

http://smilingbaby.jp/cms/sbmmh2-4.html

 

 

 

 

 

 

Translate »