smilingbaby

撮影の現場から/赤ちゃんの泣いて笑えるエピソード 51

◆□◆…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

普段は私の好きなようにさせてくれる夫なのですが、

妊娠がわかった時から、

夫が「絶対女の子だから!絶対この名前がいい!」と宣言し

私の案はことどとく却下され、頑として譲らず…

出産後も毎日深夜まで話し合い、

お七夜ギリギリに決まりました。

〜好美ちゃんのお母さんお父さんからのエピソード〜

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…◆◇◆

名前は親からお子さんにできる最初のプレゼント。
ここだけは譲れない!

それだけ真剣に向き合ってくれる
いいパパになりそうなエピソードです!

 

ここにくれば、もうみんなスマイリングベイビーの仲間入り❤

そんな、みなさんから集めた素敵なエピソードをご紹介します。

 

++++++++++++++++++++++++++++++++++

ベイビーネーム・志歩ちゃん

■赤ちゃんのお名前で由来などがありましたら

字画と響き

 

ベイビーネーム・好美ちゃん

■赤ちゃんのお名前で由来などがありましたら

好美(このみ)

私も夫も父親を尊敬していたことから、

両家の父親の名前から一文字ずつとり、

人と人の縁、つながりを大切にし、

多くの人に好かれる、

心身ともに健やかで美しい女性に育ってほしいという

願いを込めました。

☆名前をつけるまでのエピソード

普段は私の好きなようにさせてくれる夫なのですが、

妊娠がわかった時から、

夫が「絶対女の子だから!絶対この名前がいい!」と宣言し

私の案はことどとく却下され、頑として譲らず…

出産後も毎日深夜まで話し合い、お七夜ギリギリに決まりました。

■生まれたときにお母さんが思ったこと

元気に泣いてくれてる…よかった…

■ その他、エピソードがあればお書きください。

私が病気を患っていたことから、自然分娩ができず

地元の病院での出産を断られ、

やっと受け入れてくれた都内の総合病院で、予定より2週間早い帝王切開での出産でした。

妊娠中も8か月になるまで、胎動がまったく感じられない子だったので、

生まれたときに元気な泣き声を聞いて、ホントによかったと思いました。

私の両親にとっては初めての孫、夫の両親にとっては初めての女の子の孫ということもあり、

皆とてもかわいがってくれています。

 

ベイビーネーム・琴莉ちゃん

■赤ちゃんのお名前で由来などがありましたら

覚えやすく、インパクトがあって可愛らしい響き。

■生まれたときにお母さんが思ったこと

無事産まれた、産まれた〜。

 

ベイビーネーム・礼子ちゃん

■赤ちゃんのお名前で由来などがありましたら

生まれながらに、体はとっても元気。

あとは、礼節をもって生きていければ、彼女を取り巻く全ての人から愛されて、幸せな人生を歩んでいけるようにと願って。

■生まれたときにお母さんが思ったこと

あれ?もう生まれてくれた!会えたねー!

■ その他、エピソードがあればお書きください。

パパ、ママ、お兄ちゃんの3人に囲まれてとてもいいタイミングで生まれてきてくれました。

 

ベイビーネーム・蓮ちゃん

■赤ちゃんのお名前で由来などがありましたら

蓮(れん)→蓮の花のように、いかなる土壌でも

綺麗な花を咲かせられるよう、

芯のある、力強い子になってほしいとの想いからつけました。

■生まれたときにお母さんが思ったこと

一生懸命、命がけで産まれてきてくれてありがとう!

■ その他、エピソードがあればお書きください。

産道でベビーの心拍が弱くなり、

急遽吸引処置を行い産まれました。

ベビーも私も、必死の思いを越えて対面した時には

何ともいえない感情が沸き上がりました。

 

ベイビーネーム・歩ちゃん

■赤ちゃんのお名前で由来などがありましたら

産まれた子どもの顔に「歩」と書いてあるように見えたから(パパ談)

■生まれたときにお母さんが思ったこと

よかった!

元気に生まれてきてくれて!

■ その他、エピソードがあればお書きください。

予定日はパパが出張中のため、おなかの中でパパの帰りを待っていたよう。

予定日より1週間遅れで、元気に産まれました!

 

ベイビーネーム・蓮志ちゃん

■赤ちゃんのお名前で由来などがありましたら

蓮の花が咲き誇る季節に生まれたこと、

蓮の花は泥が汚くても大輪の花を咲かせるので、

どんな環境に置かれても志を持って生きてほしい。

■生まれたときにお母さんが思ったこと

やっと会えた!この子がずっとおなかにいたんだ。

よくがんばってでてきたね!

やっと眠れる!!(36時間寝れてなかったので)

■ その他、エピソードがあればお書きください。

その日は妹と姪っ子と恵比寿でたくさんお散歩したりして朝から動いていた。

昼過ぎから陣痛を感じ、主人とともに真夜中に病院へ移動。

先生に今日生まれるよと言われて、いよいよ会える!

とおもったがそこからが長かった。

子宮口は開くも、頭の向きの補正が必要といわれ、

陣痛に耐えながらまさかの体操をし続ける。

やっと直ったとおもったら、

赤ちゃん大きいからゆっくり出てくると思うよと

助産師さんの言葉に、陣痛の痛みと寝ていない眠気に襲われながら、

ああ、はやくでておいでとおもった。

18:05にやっと生まれてすぐに元気にないてくれて、

心底安心した。

 

ベイビーネーム・あつとちゃん

■赤ちゃんのお名前で由来などがありましたら

アツイ人になるように。

■生まれたときにお母さんが思ったこと

やってやったぞーという達成感。

2回目でもやっぱり痛かった…という思い。

横に連れてこられた赤ちゃんが小さくて可愛くてふにゃふにゃで、思わず顔がほころんでしまった記憶があります。

■ その他、エピソードがあればお書きください。

夜中に陣痛が始まり、私は一人で病院へ。

旦那は上の子を義実家に預けてから、病院へ来る予定だったのですが、

全然来ない!

私はその間、一人でずっと陣痛に耐えることに(泣)

後で聞いたら、わたしが病院に行った後に一眠りしてしまい(おい!)、

かつ、義実家も寝てて早朝の着信に気がつかず(おい!)、

結局病院に、来たのは昼近く。

でも、赤ちゃんはパパが来るのを待っていたのか、

来てから急にお産が進んで、無事に産まれました。

 

Translate »