smilingbaby

読み聞かせのススメ 6

読み聞かせのススメ 6

こんにちは “読み聞かせすと”の小川あゆみです。

 

読み聞かせのススメ6

 

 

子どもに読み聞かせをしてあげたくても、忙しくてなかなか時間が取れない・・・

というママもいるかもしれません。

子育て中のママは1日中忙しいですよね。

でも、実は絵本を読む時間は想像するよりもずっと短いものなのです

こちらで紹介する赤ちゃん絵本は2、3分で読めるものがほとんど。

とは言っても、読み聞かせは片手間ではできません。

ほんの数分でも、自分のために絵本を読んでくれているということで、子どもは親の愛情を感じています。それは親にとっても同じこと。読みながら子どもの心の動きが見えることもありますし、絵本そのものに癒されることもあります。

ほんのひとときでも、親子の心を和ませる時間を作ってみてください。

 

 

読み聞かせおすすめ本

 

『もこ もこ もこ』  谷川俊太郎・作 元永定正・絵 文研出版

 

タイトルの「もこもこもこ」をはじめとした、不思議な擬音で綴られる絵本です。

声に出して読むとなぜか楽しくなってきます。

 

 

※読み聞かせのポイント

擬音が楽しい絵本なので、ぜひ声に出して読んでみてください。

子どもも真似をしてリズムに乗ってくれるかもしれません。

作中の擬音だけでなく、親子で一緒に擬音を作ってみるのも楽しいですよ。

 

 

 

『じゃあじゃあびりびり』  まついのりこ・作 偕成社

 

「じどうしゃ」「いぬ」など、赤ちゃんに身近なものが音と一緒に描かれています。

持ち運びに便利な14×14センチサイズなので、お出掛けのお供にもどうぞ。

 

 

※読み聞かせのポイント

「みずじゃあじゃあ」「にわとりこけこっこー」というように

大きな声で読んでみてください。

成長するにしたがって、読んであげなくてもページをめくりながら

自分から擬音語を言うようになるはずです。

また、実物を見たときに「こけこっこー」などと教えてあげるのもおすすめです。

 

読み聞かせすと 小川あゆみ (おがわあゆみ)

一児の母。横浜市内の私立中高一貫校にて司書教諭として勤務。読書指導や図書委員の指導に携わる。 出産を機に退職。現在、資格と経験を生かし絵本やベビーマッサージを通してママと赤ちゃんとの絆を強めるお手伝い。 取得資格・中高教諭1種免許状(国語)、司書資格、ベビーマッサージセラピスト

 

Translate »